ブログ

ビューティー

認知症にもアロマが効く!

こんにちは!

スタッフの林です。

今日はちょっと真面目に認知症についてのお話です。

皆さん、認知症はご存知ですよね?

お年寄りがなる病気というイメージが強いですが、最近では<若年性認知症>という言葉でもお分かりの通り、若い方でも発症するケースが増えているようです。

一般的によく知られている認知症はアルツハイマー型認知症と呼ばれているものです。

そのほかにもレビー小体型など幻覚が見えやすい認知症もありますが、こちらは少数で認知症という診断が下りにくいそうです。

最も患者数の多いアルツハイマー型では脳内にアミロイドβタンパクという物質が過剰にたまり、
神経細胞が傷ついて死んでいくために起こります。

初期症状としてはもの忘れがひどくなってきた、と感じる方が多いそうですが、

実はそれ以前ににおいが分からなくなることをご存知ですか?

なぜかというと脳内の神経細胞が最初に傷つく場所、それが嗅神経なのです。

嗅覚、においを感じる場所ですね。

嗅神経の隣りには海馬という記憶をつかさどる部分があり、障害がそちらへ広がっていく事でもの忘れが始まるのです。

そこでにおいが分かるかどうかを確かめる事で認知症を早期に発見することができ、
早いうちに脳に適切な刺激を与える事で認知症の発症を遅らせる事ができる可能性があります。

嗅神経は再生能力が高く、刺激を与えると機能が回復する事が分かっています。

この性質を利用した認知症予防法がアロマテラピーなのです。

アロマオイルの香りで嗅神経を刺激する事で刺激が海馬にも伝わって活性化し、機能の維持や回復が期待できます。

ちなみにどの香りでもいいわけではなく、認知症予防に最適な組み合わせは

昼:ローズマリーとレモンの組み合わせ

夜:ラベンダーとスイートオレンジの組み合わせ

だそうです。

昼は脳を活性化し、夜はリラックスさせてあげるのが理想的です。

ポールシェリーリラクシングコースではリラックスの香り、
ラベンダーやスイートオレンジ、イランイラン、マリーゴールド、メリッサなど脳の奥底からリラックスできる香りを ふんだんに使ってお身体をトリートメントしていきます。

本当のリラックス、一度体験してみませんか?

やみつきになるお客様、続出中です♪

スタッフの林でした☆

店舗案内

PAGE TOP