ブログ

妊活

子宮筋腫は婦人科疾患で1番多い!

院長です!
最近 お客様から子宮筋腫について
聞かれる事が何度かありました。

妊活を頑張ってる方や40歳代のお客様で
最近 筋腫が見つかったとか
今は無いけど 家系的に気になるとか

なので今回は子宮筋腫について考えてみます

******************

子宮筋腫とは?
子宮筋層に発生する良性の腫瘍で
発生や増大にエストロゲンが関与する
エストロゲン依存性疾患である。
婦人科疾患の中で最も多く
生殖年齢の女性の20〜30%にみられる
(書籍:病気がみえる 婦人科・乳腺外科
チーム医療を担う医療人共通テキスト 参考)

主な症状は
鉄欠乏症貧血、過多月経、不正出血、生理痛
不妊、下腹部痛、頻尿、腰痛

治療としては
薬物療法
手術療法
経過観察

対処療法として 貧血の改善や鎮痛剤のみ

******************

簡単に説明するとこんな感じです
大半の場合は無症状で経過します

症状がある場合は発生部位で自覚症状も
様々です
大きさよりも発生部位の方が症状に
関係が深いと言われます

妊活をする上で子宮筋腫を考えると
妊娠の確率をさげるのか?
という事が気になります

やはり発生部位によっては不妊の
原因になります

例えば 子宮内の粘膜に筋腫(粘膜下筋腫)
ができた場合 内膜表面の状態が悪く
なるため 着床し難いと考えられます

筋腫があると子宮の血行も悪くなりやすい
ため これも妊活の妨げになります

その他 性行痛があるとセックスレスの
原因になりますから これも問題です

ではどうするか・・・?

手術療法で取ればいいのか?
薬物療法で改善するか?

病院の治療も大切だと思いますが
原因の原因をみることを合わせて考え
ましょう

✳️悩み → 子宮筋腫

✳️原因 → エストロゲン依存性疾患、循環不足

✴️治療 → 手術療法

✳️原因の原因 → 環境ホルモンの問題 体質

先日 日本妊活協会の勉強会でも筋腫の
問題をとりあげて 他の先生方と話し
して来ましたが

やはり 筋腫がある事に目を向け過ぎると
本質が見えなくなるという結論でした

ではどう考えて行くのか!
長くなってしまったのでまた次回です^_^

妊活サポート!プレゼントキャンペーン!
やってます

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

🎁妊活応援3大特典プレゼント🎁
LINEで友達登録をしてくれた方全員に
プレゼント!

🎁🎁🎁🎁プレゼント内容🎁🎁🎁🎁
特典1
【妊活を迷わず進めるために知って
おきたい7つの考え方】
①積み重ねる妊活
②体質改善と医療との両立
③骨盤矯正の必要性
④良い卵の作り方
⑤食事と生活習慣①
⑥食事と生活習慣②
⑦世界一カッコいいパパになるため

特典2
【人工授精 体外受精の確率を上げるために】

特典3
日本妊活協会認定セラピストによる
骨盤矯正+内臓調整+ホームエクササイズ
体験無料

🎁🎁プレゼントの受け取り方法🎁🎁
①LINEで友達登録
②トーク画面に「妊活プレゼント」と入力してね!
③プレゼントが届きます

✴️LINEのお友達登録方法✴️
@1.24phyto
を 🆔検索(@を忘れずに付けて)

店舗案内

PAGE TOP