ブログ

妊活

基礎体温表は妊活の地図

院長です!
基礎体温をつけるのは 妊娠するか
しないかの目安ではなく
綺麗な波形の表にするためでもなく

今の自分 又は 過去の自分を知る
ための一つの手段です

もちろん 教科書のような綺麗な
波形に越したことはないですが
そんな綺麗な波形の人は
ほとんどいません^_^

どんな形の波形でも 妊娠しますし
波形の形が悪くてもガッカリしなくて
大丈夫です

ただ情報として知ることが妊活をする
上で有効です

今の基礎体温の情報は過去が作ってる
ものですよね〜

基礎体温を分析して体質を変える道筋を
思い描いて妊活をして行きましょう!

もしこの先波形が変わらなくても
未来の自分(体質)は確実に変わります

例えば低温期の理想の体温は
36.3〜36.5度位

もしこれより低温期が低めなら
体で上手にエネルギーを作れて
いないとか 栄養(食事)が摂れてない
可能性がありますので 内臓機能を
上げる必要があります

低温期と高温期の体温差は
0.3〜0.5度位が理想です

もしこの差があまり無かったら
黄体機能不全→卵の育ちが悪いかも
と考えられます

『不全』とか『悪い』と書いてしまうと
重くなってしまいますが
体質的にゆっくりと育つリズムかも
しれませんから タイミングの取り方を
変えてみるのも良いかもしれません

血流を上げることで
卵巣に栄養が行き 解決するかも
しれません

高温期が短い場合は排卵し難い状態が
あるかもと考えられます

悪い油の摂取が多いと細胞膜が硬く
なって排卵し難くくなりますから
食事を見直して オメガ3を積極的に
とってみるなど対策がとれます

妊活に これは必ず効く! という
特効薬はありません
だからこそ 自分の体を知る事が
迷わない妊活には必要です

その一つの情報として基礎体温を
つけるのは良い方法です

ただ 毎朝測るのがストレスになる
という場合は 無理をせずに休むのも
大切ですね

基礎体温は 妊娠する 妊娠しない
を決めるものではないですよ〜
って事は覚えておいて下さいね〜

店舗案内

PAGE TOP