ブログ

スタッフブログ

ダイエットの味方☆簡単!酢キャベツの作り方

食事の最初に食べるとダイエット効果抜群!

と評判になった酢キャベツですが、実際どんな効果が期待できるのでしょうか?

便秘に効果あり!

キャベツには、100gあたり1.8gの食物繊維が含まれています。

食物繊維は胃で消化されず大腸まで届きます。

キャベツは特に”不溶性”の食物繊維が多く、

水分を含んで膨張することにより便のかさを増やしたり、

腸を刺激して排便を促す働きがあります。

ほかにも食物繊維が多く含まれている食材はいろいろありますが、お酢と

合わせることや生での食べやすさを考慮すると、キャベツはとてもオススメです。

代謝を促進する!

キャベツにはビタミンUというビタミンが豊富に含まれているのですが

別名キャベジンとも言います。

このキャベジン、胃の粘膜を正常に保つという働きがあるのですが、

ほかにもたんぱく質や脂質の代謝を促す効果も期待されているんです。

肝臓内の脂肪を分解し、肝機能を高めることにもつながります。

内臓脂肪の燃焼促進!

お酢には、内臓脂肪を燃焼させるという作用が期待できます。

それには、毎日継続して摂ることが大切。

また、肝臓内にある酵素にはお酢の成分である酢酸を活性化させる働きがあり

キャベツ(キャベジン)と一緒にお酢を摂ることがダイエットにとても効果的なんです!

血糖値の上昇を緩やかに!

血糖値が急上昇すると”インスリン”という成分が分泌され

エネルギーとして利用されなかった脂肪が溜め込まれてしまいます。

このため、ダイエットでは血糖値の上昇を緩やかにするのがとても重要なんです。

お酢には、食べ物を胃から小腸に送る時間を遅らせるという作用があり、

吸収が遅くなることで、血糖値の上昇を緩やかにできます。

キャベツと酢のベストカップル!

酢キャベツを作って食べましょう!

 

1.キャベツ1/2玉(450g)を千切りにします。

2.切ったキャベツをポリ袋に入れ、塩小さじ2杯をまぶして揉み込みます。

3.2にお酢を200cc加え、冷蔵庫で半日からひと晩ほど漬け込んだら完成。

酢キャベツのカロリーは、1人分(100g)で32kcalです。

 

味付けをアレンジしてもOK

酸味のある酢キャベツですが、ずっとそればかりを食べていると飽きて

しまいそう……という方は、味付けを変えてみましょう。

塩の代わりに塩昆布を加えると、昆布の旨みがきいて食べやすくなります。

また、上記の材料はそのままに鷹の爪を刻んで加えると、ピリッと刺激のある

仕上がりになりますよ。

 

保存方法と日持ちについて

酢キャベツは完成したら密閉袋に入れ、冷蔵庫で保存しましょう。

1〜2週間ほどは保存がきくので、休みの日にまとめて作っておいて毎日食べるのがオススメです。

店舗案内

PAGE TOP