ブログ

ビューティー

チーズはダイエットの味方?敵?

チーズはお好きですか?

好きな方が多いと思います。と同時にカロリーが気になる方も多いのでは?

おつまみ、間食などにも腹持ちがよくたんぱく質も多く含まれていますが、中には糖質、脂質が多く高カロリーだったり、カロリーは高くなくてもあっさりとして食べ過ぎになりがちなものなど、様々な種類があります。

主な種類のチーズを調べてみました。(カロリー表示は、100g当たりのカロリー(目安)です。)

 

・フレッシュチーズ(カッテージチーズ、モッツァレラ、リコッタ、マスカルポーネなど)

フレッシュタイプは、基本的にチーズ中に含まれる水分の比率が多いためカロリーは低めです。

特に、脱脂乳からつくられる「カッテージチーズ」や、豆腐のように水分を多く残して柔らかく固めた「フロマージュブラン」は低めです。

一方で、断トツでカロリーが高いのは「マスカルポーネ」。

理由は生クリームが原料になっているためです。

 

・白カビチーズ(カマンベールチーズ、ブリーなど)

白カビチーズは、大体300kcal程度。

 

・青カビチーズ(ゴルゴンゾーラ、ロックフォールなど)

ブルーチーズは、他の種類よりも若干カロリーは高めです。

青カビタイプは、特徴として他のタイプよりも乳脂肪分が高い傾向にあります。

青カビタイプのカロリーは、350~400kcal程度(100gあたり)。

 

 

・セミハードタイプ(エダム、ゴーダ、チェダーなど)

セミハードタイプのチーズはやや高カロリーです。

カロリーはブルーチーズと同じくらいですが、ブルーチーズよりも食べやすく高カロリー摂取に繋がりやすいタイプですね。

 

・ハードタイプ(ミモレット、パルミジャーノ・レッジャーノ、パルメザンチーズ(粉チーズ))

ハードタイプのチーズは、最も水分量が少ないため最も高カロリーです。

水分を減らし保存性を高めた大量生産の粉チーズは当然高カロリーです。

 

・プロセスチーズ(クリームチーズ、6Pチーズ、スライスチーズなど)

ナチュラルチーズを加熱溶解させて冷やし固めたチーズです。使用するナチュラルチーズの種類やクリームを添加するなどによりカロリーは様々ですが、食べやすくブレンドしてあるものが多く食べ過ぎてしまう可能性が高いです。

 

他にもさまざまな種類があります。

 

実際に私たちがチーズを食べるときに考えるべきは「カロリー×食べる量」ですよね。

いくらカロリーが高いチーズでも、ハードタイプや青かびタイプのように塩分が強くたくさん食べられないチーズは実際のカロリー摂取量は当然低くなります。

そういった観点で、「食べやすく」かつ「高カロリー」な危険なチーズを頭に入れておきましょう。

 

これからご紹介するチーズを食べるときは要注意です!

 

☆プロセスチーズ

最も注意すべきチーズはプロセスチーズです。

「kiri」などの人気のクリームチーズもこのタイプに入ります。

カロリーは基本的に300kcalを超えます。

しかも、クセがなく食べやすく、価格も安価です。

おやつ感覚でついつい食べ過ぎてしまう人も多いはず。

ブレンドされたチーズの割合やクリームを添加してるかなどでかなりカロリーも栄養成分も変わります。

食べる前に栄養成分を確認するのが、オススメです。

☆リコッタ・マスカルポーネ

パンケーキやティラミスなどデザートの材料として使われることの多いこれらチーズも高カロリー摂取に繋がりがち。

「マスカルポーネ」は、生クリームがベースになっているためチーズというよりクリームと考えてよさそう。

一方で、「リコッタ」は脂肪分は少なめですが、糖質がどのチーズよりも多めです。

さっぱりしていて食べやすいため、結果高カロリーになってしまうこともあります。

カロリーを気にする場合、フレッシュタイプのチーズは食べる量も意識してみると良いかもしれません。

 

☆シュレッドチーズ

ゴーダやチェダーなどのセミハードタイプのチーズをシュレッド状に仕上げたいわゆる「ピザ用チーズ」です。

ピザトースト・グラタン・ドリア等々、使いやすいので冷蔵庫に常備している方も多いですよね。

これらのチーズの乳脂肪分は比較的高めです。

しかも、安価です。

「料理の仕上げにたっぷりと」が習慣になっている方、一度冷静にプラス何カロリーになるか

頭に浮かべてみるとチーズの入れる量が変わってくると思います。

 

もちろん、様々なものをバランスよく食べるのが、健康・ダイエットに大切です。

食べるもの全体のバランス(栄養成分)を考えながら、選んでいただければチーズも美味しく食べられるでしょう♡

 

 

店舗案内

PAGE TOP